2018年01月17日

12月にWRAP(元気行動回復プラン)の集中クラスに参加してきました。

 今年度のワーク&トークでは、WRAPを開催しています。今回はWRAPをもっと知るために集中クラスに参加してきました

 障害があってもなくても、働いていてもそうでなくても、生活していくうえで困ったり、不調になることはたくさんあります。
WRAPは、自分の元気になるための方法や不調のきっかけ、そうなった時にどうするのかをプランとして確認しておく自分の取扱説明書のようなものだと思います

 私は、自分自身を確認するということは自分と向き合わないといけなくて、とてもしんどい事だと思っていました。
でも、WRAPをしてみて、みんなでそれぞれのことを話しながら、一人ではないと安心できたり、実は自分自身でも工夫していたんだなと自分を客観的にとらえる事ができました。
また、いろんな人の工夫を聞く事が出来て、工夫の方法が広がったように思います

次回のワーク&トークでもWRAPを開催する予定なので楽しみです


posted by なら西和 障害者就業・生活支援センター ライク at 12:29| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。